« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月28日 (月)

女性ボーカリスト集

久々の女性ボーカリスト集
今回はシンガーソングライター3名をご紹介します。 

本日の1曲目 サーフ・ミュージック・シーンの中心である、
ムーンシャイン・コンスピラシー(サーファーであり映像制作集団)に
惚れ込まれ、デビューしたTristan Prettyman の
Love Love Love

本日の2曲目3曲目「like a star」
Put your records on」
英国リーズ出身の女性シンガー・ソングライターCorinne Bailey Rae
の、2006年発表の日本デビュー盤
明後日3月2日に限定盤がリイシューされます。

本日の4曲目
Patricia Marx で 「Sentido」
5歳でテレビ.デビューし歌手デビューは9歳の天才少女
以後グループやソロで最高250万枚を記録した。
ちなみにマルクスという芸名は日本人が名付け親。

Tristan_prettyman   Tristan Prettyman
album:Twentythree
EMI mujsic
TOCP66420
Corinne_bailey_rae 
like a star
Put your records on
Corinne Bailey Rae

album:Corinne Bailey Rae
EMI mujsic TOCP66600 

Patricia_marx Sentido
Patricia Marx

album:Referencia

ksr KCCD143 

|

2011年2月21日 (月)

ASIA SunRise  特集

シンプルながら情熱とグルーヴを最大限に放つ
「声とガットギター」
畑崎大樹(Vo,Gt)を中心とした、特定のメンバーを持たず、
楽曲により自由なスタイルで活動するソロ・ユニットASIA SunRise

29歳まで地元和歌山にて喫茶店を経営、30歳のとき上京、
インディーズより3枚のアルバムを発表、東京・関西を中心に
日本全国で行っているライブは年間100本を超える。

本日はアルバム「Sunshine Boy」から4曲ピックアップ しました。

1曲目 Jeep
2曲目 羽
3曲目 女性とのDuoが微笑ましい「Tissue」
4曲目 本領発揮 魅力たっぷり「Local Power Vibration」

Asia album:Sunshine Boy
ASIA SunRise
Jeep

Tissue
Local Power Vibration

Peaceful Records  PPHT2003

来月には待望のニューアルバム「情熱すてるな」が
リリースされる予定。
Jyounetu

情熱すてるな
Peaceful Records

|

2011年2月14日 (月)

プライベートな感覚

本日は、プライベートな企画を感じる楽曲を紹介。

本日の1曲目
レディオヘッドのフロントマンであるヴォーカリストのトム・ヨークが2年の歳月をかけて完成させた初のソロ・アルバム『Eraser』から「Eraser」自身のブログでトム・ヨークは今回のソロ・アルバムについて「よりビートがきいていて、エレクトロニクスな音」と語っています。

本日の2曲目
フランスのハウス・クリエイターERNEST SAINT LAURENTの、
フルアルバム「House]より『Geometric Light』
軽やかで洗練されたハウスサウンドはリスニングにも最適!かなり良いです!!

本日の3曲目
80年代を通じポップ・デュオとして活躍したマイクロディズニーのメンバー、ショーン・オハーガンによって結成されたクラシック・ポップ・バンド[High Llamas] アルバム 『Cold & Bouncy
』より「painters paint」

本日の4曲目  the streesのアルバム[A Grand Don't Come for Free]よりDry Your Eyes」

Thom_yorkeEraser Thom Yorke
album:Eraser
Beggars WPCB10001


Ernest_saint_laurentGEOMETRIC LIGHT
ERNEST SAINT LAURENT

abum:house
ESCALATOR records ESCD037

High_llamaspainters paint
High Llamas

album:V2 records LC1801


StreetsDry Your Eyes 
the strees

album:
A Grand Don't Come for Free
London  256461534

|

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »