« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

パーカッシブなワールドミュージック

本日の1曲目
今やすっかり有名になった男女のギターユニットRodrigo Y Gabriela
Black SabbathやMetallicaの影響を受けメタルバンドを結成しつつも
現時のスタイルに。 
なるほどアルバム収録曲にもRockのあの名曲が・・・。
本日は、アルバムのオープニング『TAMAKUN』を紹介します。

本日の2曲目、3曲目
デヴィッド・ボウイやトレント・レズナー(NIN)も大絶賛!
2001年、ニューヨークのブルックリンで結成された白黒混合バンド
Tv On The RadioのアルバムReturn To Cookie Mountain から
『wolf like me』 『method』
アルバムにはデヴィッド・ボウイもゲスト参加してます。

本日の4曲目
Greatful DeadのMickey Heartがプロデュースしたアルバム
Diga Rhythm Band」から『Tal Mala』 
このDiga Rhythm Bandは総勢11名全員が
パーカッショニストというバンドです。
1970年代にずいぶん斬新なことやってます。

Rodrigo_y_gabrielaTAMAKUN Rodrigo Y Gabriela sony
album:Rodrigo Y Gabriela
SICP1771


Tv_on_the_radio wolf like me
method

Tv On The Radio

album:Return To Cookie Mountain
Hostess  HSE20013

Diga_rhythm_band

Tal Mala
Diga Rhythm Band

Diga Rhythm Band
video arts VACK1315

|

2011年1月24日 (月)

古澤良治郎さん追悼番組

本日の音楽評判堂は、番組パーソナリティー中村尚子とも
アルバム「新緑の中に雨が降っている」をリリースし、
去る1月12日に亡くなられた偉大なるjazzドラマー古澤良治郎氏の
功績を称え2009年6月にそのアルバムを特集し放送した番組を
再放送いたします。

 
Photo
Bqrecords XQBB1201

本日の1曲目 
中村尚子&古澤良治郎アルバム「新緑の中に雨が降っている」から
タイトル曲「新緑の中に雨が降っている」 
古澤さんのドラム 「緑」と「土」「雨だれ」の情景が
音で描き出されているかのようです。
 
本日の2曲目 
「対話 -ダイアログ-」 中村尚子&古澤良治郎
録音時古澤さんの大胆なアプローチにみんなビックリした事を
よく覚えています。
後にjazzLife誌のインタビューでも記事にはなりませんでしが、
このアプローチが話題になりました。
 
本日の3曲目
「地下鉄にて」 中村尚子&古澤良治郎 
二人で演奏している以上の存在感。圧倒的な推進力のある楽曲。 
この古澤さんのドラム何ともストレートでカッコイイです。
本日の4曲目 
フォレスシルヴァーのカヴァーで「Peace」 中村尚子soloです。
ちなみに使用しているピアノはヴェーゼンドルファーです。
ラストは 
「A・E・E・A」 中村尚子&古澤良治郎
古澤さんのサウンドはやはりどれも魅力的でした。
改めて古澤さんのご冥福をお祈りいたします。

|

2011年1月10日 (月)

生き様を感じる男性アーティスト集

1曲目 今、見えにくくなりつつある大切な「ナニカ」
心和むメロディーを届けます。
サーフミュージック・アコースティック・ソウル&ファンクな
シンガー・ソング・ライターそして全国各地、音楽の旅を続ける
ROOTSMAN! 東田トモヒロの『Good Future』

2曲目 高桑圭のソロ・ユニット≪巻き毛のキリン≫Curly Giraffe 
アコースティックでメロウなポップ・サウンドが光ります。
2006年04月リリース アルバム「Curly Giraffe」よ『Water On』

3曲目Timmy Curranの『Daylitght coming』
フー・ファイターズの前座を務めプロ・サーファーとしても活躍する
Timmy Curran のデビュー作。
透明感のある掠れた声とピアノやストリングスを使ったサウンドが
物悲しく優しく響き渡る。

4曲目BLOODEST SAXOPHONEにとって、4作目となる当アルバムは
「growlin' the B」より ライブ&ドライブ感満載のビンビンの楽曲
「Trrrrr・・・・・」めまぐるしい展開、聴かせます!

Photo Good Future 」 東田トモヒロ
album MasterPeace
Toysfactory
TFCC86223

Curly_giraffe Water On」  Curly Giraffe 
album Curly Giraffe
Burger Inn Records 
BUCA1017

Timmy_curran 「Daylitght coming 」Timmy Curran
album WORLD of MOUTH
Surfrock  PCCY80040


Bloodest_saxophone 「Trrrrr・・・・・」 
Bloodest Saxophone

BLUE BEALLS RECORDS  BBRS0001

|

2011年1月 3日 (月)

リッチ サウンド

リッチな感じの漂う楽曲を各地から集めてみました。

本日の1曲目 イスラエルは、テルアビブ在住で
ギター、ベース、ドラムス、キーボードなどの楽器を操る
Kitmanのファースト・アルバム『Kitman』から
「No reason for you」で今年はスタートです。

本日の2曲目 今度は北欧スウェーデンの二人組、
Paul Mac Innes & T.B.O.Iの「NEED」をお届けします。
ソフトでナチュラルなファルセット・ヴォイスが印象的な
Paul Mac Innes 。ハートウォーミングなR&Bサウンドが
心地良いです。

本日の3、4曲目 ダニー・ハサウェイやスティーヴィー・ワンダーも
引き合いに出される鍵盤奏者/シンガーの
Frank Macomb のアルバム『Truth: Vol.2』から
「MORE than Friends 」 そして「DO YOU REMEMBER 」
このアルバムメジャーデビュー用として贅を尽くして制作された
作品群ということでBobby Ray Watson(Bass),
Branford Marsalis(Saxophone), など超一流ミュージシャンが
こぞって参加してます。

Kutiman

No reason for you
Kitman

album:Kitman
MELTING POT MUSIC NBIP-5036


Paul_macNEED
PAUL Mac Inenes & T.B.O.I
album: Paul Mac Innes & T.b.o.i
P-VINE pvcp-8248

Frank_mccombMORE than Friends
DO YOU REMEMBER

Frank Macomb
album;
Truth: Vol.2
P-VINE PVCP-8248

|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »